WE LOVE PSO!

WELCOME TO EPHINEA

Hello and welcome to Ephinea, our Phantasy Star Online Blue Burst private server. We’re a group of fans trying to recreate the classic PSOBB experience, and building around that core with new content and features.

Getting Started

Getting Started

Are you new to Phantasy Star Online?

CHECK OUT OUR BEGINNER'S GUIDE TO PSO

Or you're already an expert hunter?

FIND OUT WHAT MAKES EPHINEA SPECIAL

Recent forum activity



Latest Updates -

Server maintenance completed for July 6th, 2024

UPDATE: Crashes involving the new fonts patches were fixed with version 1.702.
更新: 新しいフォント パッチに関連するクラッシュはバージョン 1.702 で修正されました。

Server maintenance has completed. There were a lot of changes in this update.

Fixed the welcome message at the ship gate and also fixed an extraneous comma at the end of the quest list in the /rbr command.

Added support for loading ephinea.pac from EphineaPSO/data/ephinea/custom/ephinea.pac. This location will not be updated by the launcher, allowing custom ephinea.pac files to be used more easily.

Added a Mag Alert option to the launcher. When enabled, the game will play a sound when a Mag in your inventory can be fed. The Mag Alert Delay specifies the minimum number of seconds between Mag Alert sounds to avoid multiple sounds when bulk feeding mags.

Increased the number of games per block to 256 and modified the client to support all of these games at the lobby counter. The game list will also scale in height to match HUD resolution.

Increased the total number of lobbies to 30 per block. The location for lobby assets was moved from EphineaPSO/data/scene to EphineaPSO/data/ephinea/default/lobby for files provided by the launcher, and also to EphineaPSO/data/ephinea/custom/lobby for custom skins. Existing lobby skins will need to be moved to the custom folder.

The lobbies are organized as follows:
  • 1-10 are the section ID lobbies.
  • 11-20 are reskins of the version 2 lobbies.
  • 21-25 are the EP3 card lobbies.
  • 26-30 are the Go Ball lobbies.
Increased maximum number of players per block to 360.

Fixed how the EP3 card lobbies play their BGM.

Improved the analog camera control. The new implementation is much more responsive and replaces the previous, smoothing implementation. The camera's target point was adjusted slightly to accommodate these changes.

Fixed the analog camera not working when the player is frozen, in guard stance, or dead.

Added options to the launcher for controlling the behavior of the chase camera. The chase camera is how the game updates the camera to follow the player based on movement and heading. The options to control the camera's angle are explained below:
  • Enabled: The default behavior where the camera's angle will adjust based on the player's heading and movement.
  • Disabled: The camera's angle will not automatically update when the player moves. It can be moved only with the analog camera or camera button.
  • Hybrid: Similar to the default behavior, except the camera's angle will not update on its own when the analog camera is moving the camera.
  • Toggle: The default behavior is enabled until analog camera inputs are detected. The camera's angle will not automatically update until the camera button is pressed to re-enable the default behavior.
Added a deadzone setting for the analog camera input detection.

Added support for higher resolution fonts. The font size can now be specified in the launcher. Note that a higher font size will significantly increase the amount of work done by the game when rendering text, and this may be a performance impact for older machines. Also note that the selected font size may not match exactly what you would see in other programs. The font is still drawn and sized into existing text space to keep HUD elements and window sizes approximately the same. Some windows that are sized based on their text, such as lists in quests, may have a small amount of extra space after the text.

And I think that's everything in this update. There were many changes. Let us know if you encounter any other issues not already mentioned.

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

サーバメンテナンスが終了しました。今回のアップデートではたくさんの変更点があります。

シップにログインした際のメッセージを修正し、また/rbrコマンドを入力した際にクエストリストに余分なカンマがあった問題を修正しました。

ephinea.pacのカスタムフォルダをサポートするようになりました。"EphineaPSO/data/ephinea/custom/ephinea.pac"の階層にpacを配置することで、当該ファイルはランチャーにより自動更新されなくなり、より簡単にカスタム版を使用できるようになっています。

ランチャーにマグアラートのオプションを追加しました。有効にすると、インベントリにあるマグが餌やり可能になったタイミングでゲームが音を鳴らします。マグアラートの遅れでは複数のマグから同時に音が鳴らないように、マグアラートの間隔秒数を指定することができます。

1ブロックあたりの保持ゲーム数を256に増やし、ロビーカウンターで全て表示できるようにクライアントを修正しました。ゲームリストは、HUD解像度に合わせて高さが調整されます。

ブロック当たりのロビー数を30に増やしました。ロビーアセットの場所を"EphineaPSO/data/scene"から"EphineaPSO/data/ephinea/default/lobby"に移動させました。今後は後者のフォルダにパッチサーバからファイル配信が行われるようになります。またカスタムのロビースキン参照フォルダも"EphineaPSO/data/ephinea/custom/lobby"に移動しています。既存のロビースキンは前述のフォルダに移動させる必要があります。

ロビーの構成は以下のようになっています:
  • 1 - 10:セクションIDロビー
  • 11 - 20:バージョン2ロビーのリスキン版
  • 21 -25:EP3カードロビー
  • 26 -30:サッカーロビー
ブロック当たりの最大プレイヤー数を360に増やしました。

アナログスティックでのカメラ操作を改善しました。新しい実装はよりレスポンスが良くなっています。これに伴いカメラのターゲットポイントも若干調整をしています。

プレイヤーが凍結しているとき・ガードの構えをしているとき・死んでいるときにアナログカメラが機能していない点を修正しました。

ランチャーにカメラ追尾の動作をコントロールするオプションを追加しました。チェイスカムはプレイヤーの移動と向きに基づきカメラアングルを更新する方法です。アングルをコントロールするオプションの説明は以下の通りです。
  • 有効:デフォルトの動作で、カメラのアングルはプレイヤーの向きと移動に基づき調整されます。
  • 無効:プレイヤーが動いていもカメラの角度は自動的に更新されません。アナログカメラかカメラボタンでのみ動かすことができます。
  • ハイブリッド:デフォルトの動作と似ていますが、アナログカメラでカメラを動かしてもカメラのアングルが勝手に更新されなくなります。
  • トグル:アナログカメラ入力が検出されるまで、デフォルトの動作が有効になります。カメラボタンを押してデフォルト動作を再度有効にするまでは、カメラのアングルは自動的に更新されません。
アナログカメラの入力を検出するデッドゾーン設定を追加しました。

高解像度フォントのサポートを追加しました。ランチャーではフォントサイズを指定できるようになりました。
フォントサイズを大きくすると、テキストをレンダリングする際の負荷が大幅に増加するため、古いPCではパフォーマンスに影響を及ぼす可能性がある点にご注意ください。
また、選択されたフォントサイズは他のプログラムで表示される文字サイズと異なる場合があります。
HUD要素とウィンドウのサイズをほぼ同じに保つため、フォントは既存のテキストスペースに描画され、サイズが調整されるようになっています。クエストのリストなど、テキストに基づいてサイズが調整されるウィンドウでは、テキストのあとに少し余分なスペースがうまれる可能性があります。

これが今回のアップデートのすべてだと思います!多くの変更がありましたが、もしまだ言及されていない問題などがあればお知らせいただけますと幸いです。


Posted Jul 6th, 2024, 21:59 (UTC) by Ender's avatar Ender (14)

 

Server maintenance completed for May 28th, 2024 (サーバメンテナンス完了 5/28)

Hello!

Server maintenance has been completed and the following changes were made to the game:

- Fixed the problem with units inserted into armor from sometimes shuffling their positions around from what you originally set them as from the "Equip" menu.
- Buffed the chance to get a good grind and photon attribute bonus from all tekkers.
- Redria's tekker now has a preference for Sabers and Canes.
- Yellowboze's tekker now has a preference for Handguns and Rods.
- Backend changes to make it easier for staff to change some of the item announcement parameters.

So, with this maintenance, I'd like to explain the changes. For years, the tekking bonus was the same across all classes with some random thing I threw together. I never really liked the code of it and when I saw that the correct parameters were figured out for how tekking works with PSO, I decided I wanted to implement them properly.

I probably should have communicated that this type of change was coming instead of just yanking the rug from beneath the players and I apologize for that. Seeing how things were supposed to work, the values I had were a bit absurd. Basically it was 55.5% chance for +10 and 11.1% chance for anything else for photons. The specials were a flat 1/3 chance. There was no sort of section ID variation as there is supposed to be.

I took away the ease of tekking without giving anything in return and, thus, today's changes will be the give to that take.

The tekking chances for receiving +10 for photon attribute boosts have been tripled and the chances for receiving +5 have been increased by 50%.

In regards to grind bonus, a similar story. Triple chance to get the +3, increase of 50% to get the +2. Special chance has not been changed.

Previously with Ephinea's old tekking system, even things like Sabers, Canes, Handguns and Rods were able to have a great chance to be boosted, but that was no longer the case after the change. Assigning them to Redria and Yellowboze, which have no assignment in vanilla PSO, should correct this.

@Ryan has already updated the wiki page for tekking with the new numbers.

I hope this makes some of you feel better about the overall change.

I know there was also a suggestion of adding a new selection for best tek for 10,000 meseta. I can't promise that will happen but we hope that this particular change today is better received.

As always, thank you for playing on Ephinea!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんにちは!

サーバメンテナンスが終了し、以下の変更が加えられています:

- 鎧に挿したユニットが、装備メニューで設定した位置から勝手にシャッフルされてしまう問題を修正しました。
- すべての鑑定士について、付加値とフォトン属性のボーナスを得る確率を上方修正しました。
- REDRIAの鑑定士がセイバー系とケイン系を得意とするようになりました。
- YELLOWBOZEの鑑定士がハンドガン系とロッド系を得意とするようになりました。
- バックエンドの仕様変更で、スタッフがアイテムバナーの告知パラメータを変更しやすくしました。

というわけで、今回のメンテナンスで変更した点を説明したいと思います。
鑑定については何年もの間、ボーナスは全員共通でSodaboyさんが適当に設定したものでした。
このコードについてはあまり気に行っておらず、PSOで鑑定がどのように機能するのか、正しい機構が解明されたのを見たとき、それを適切に実装したいと思いました。

このような変更は突然実施するべきではなく、プレイヤーの皆さんに対してあらかじめ会話するべきだったかもしれません。これまでどのように機能していたかを考慮すると、設定した値は少々不条理でした。基本的に、フォトン属性は55.5%の確率で+10、それ以外は11.1%でした。スペシャルはそれぞれ1/3の確率でした、セクションIDのバリエーションは存在していませんでした。

私は何も見返りを与えることなく、鑑定の容易さを奪ってしまいました。そのため、今回のアップデートはそれを取り戻すものになります。

鑑定時の属性ブーストで+10を貰える確率が3倍になり、+5を貰える確率が50%増えました。

付加値のボーナスについても同様に、+3を得る確率が3倍に、+2を得る確率が50%増えています。
スペシャルについては変更されていません。

以前のEphineaの鑑定システムではセイバー・ケイン・ハンドガン・ロッドといった武器もブーストされる確率が高くなっていましたが、変更後はそうではなくなりました。バニラのPSOでは何も割り当てられていないREDRIAとYELLOWBOZEに対してそれらを割り当てことで、問題は解消されるはずです。

既にRyanさんが鑑定に関するWikiのページを更新してくれています。

この変更により、皆さんのプレイ体験が向上することを願っています。

また1万メセタで最高品質の鑑定を出来るように、という提案があったことも認識しています。これが実現するかどうかは約束できませんが、今回の変更がより良く受け入れられることを願っています。

いつもEphineaでプレーしていただきありがとうございます!


Posted May 28th, 2024, 18:48 (UTC) by Sodaboy's avatar Sodaboy (1)

 

DXVK Vulcan API fix now on the patch server (DXVK Vulcan APIの修正)

Update: Looks like the PSOBB add on plugin is currently incompatible with the new DXVK. Looking into it...

Hello there!

It looks like the DXVK team has finally addressed the issues with PSOBB and, thus, a new version of the DXVK API DLL was placed on the patch server.

After some quick testing, I can confirm that the issues with the solid panel switches, VR Dragon, Pioneer 2 scrolling text, etc. have all been resolved in the latest version. And, everything appears to work fine even with NVIDIA graphics cards, not just AMD!

So, the Vulkan API should now be a viable pick for users, especially those on the Steam deck.

If you see any weird display anomalies with the Vulkan API that aren't present in other APIs, be sure to document them here so I can forward it off to the devs. Or, better yet, feel free to write an issue on their GitHub yourself, if you desire!

Cheers!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
更新:PSOBBのアドオンは現在DXVKと互換性がないようです。状況については調査中です。

こんにちは!

DXVKチームがPSOBBの問題に対処したようで、DXVK API DLLの新しいバージョンをパッチサーバに配置しました。

いくつかの簡単なテストを実施しましたが、パネルスイッチやVRドラゴン、パイオニア2のスクロールテキスト表示などの問題が、最新バージョンでは全て解消されていることを確認しました。また、AMDだけでなくNVIDIAのグラフィックカードでも全て問題なく動作するようです。

つまり、Vulkan APIは特にSteamデッキのユーザにとって現実的な選択肢となるはずです。

もしVulkan APIで他のAPIにはない表示の不具合を見つけたらこちらに報告してくれれば、開発者側に連絡します。もしくは、直接Githubのissueに書き込んでくださっても結構です。

それでは!


Posted May 21st, 2024, 19:13 (UTC) by Sodaboy's avatar Sodaboy (9)

 

view more news